• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

満身創痍で連続銅 重量挙げ三宅宏美を支えた「1キロ棒」

 6日に行われたリオ五輪女子重量挙げ48キロ級で三宅宏実(30)が、スナッチ81キロ、ジャーク107キロ、トータル188キロで銅メダルを獲得した。

 リオ入りしてから持病の腰痛が悪化。腰に痛み止めの注射を打って臨んだ。満身創痍で、とてもメダルなんて状況ではなかったが、ここぞの一本で真価を発揮した。

 準備していた。14年末の腰の故障を機に1キロの軽い棒を挙げる練習を取り入れた。考案者の父・義行監督(70)は日刊ゲンダイにこう語っていた。

「一番はイメージ、次はシャドー。次に重さ。でも基本は技術。軽い物で1キロでも10キロでも15キロでも同じ動作ができる。1キロだからできる。15キロではできないではダメ。力を入れないでいいところでは入れない。1キロの棒で何度も繰り返しながら体に通るコースを覚えさせるトレーニングなんです。1キロの棒を挙げていても、正しい技術が身につけば金につながる。『金の延べ棒』だと。1キロの棒でできないなら、重くなったらもっとできない。最短で通るコースを探っているんです」

 日本女子史上初の2大会連続メダルの偉業は、「1キロ棒」に理由があった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

もっと見る