満身創痍で連続銅 重量挙げ三宅宏美を支えた「1キロ棒」

公開日:  更新日:

 6日に行われたリオ五輪女子重量挙げ48キロ級で三宅宏実(30)が、スナッチ81キロ、ジャーク107キロ、トータル188キロで銅メダルを獲得した。

 リオ入りしてから持病の腰痛が悪化。腰に痛み止めの注射を打って臨んだ。満身創痍で、とてもメダルなんて状況ではなかったが、ここぞの一本で真価を発揮した。

 準備していた。14年末の腰の故障を機に1キロの軽い棒を挙げる練習を取り入れた。考案者の父・義行監督(70)は日刊ゲンダイにこう語っていた。

「一番はイメージ、次はシャドー。次に重さ。でも基本は技術。軽い物で1キロでも10キロでも15キロでも同じ動作ができる。1キロだからできる。15キロではできないではダメ。力を入れないでいいところでは入れない。1キロの棒で何度も繰り返しながら体に通るコースを覚えさせるトレーニングなんです。1キロの棒を挙げていても、正しい技術が身につけば金につながる。『金の延べ棒』だと。1キロの棒でできないなら、重くなったらもっとできない。最短で通るコースを探っているんです」

 日本女子史上初の2大会連続メダルの偉業は、「1キロ棒」に理由があった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る