柔道60kg級銅の高藤直寿に格闘技団体“ドラ1”ラブコール

公開日:  更新日:

 男子柔道の先兵と期待された金メダル候補が不覚を取った。

 6日(日本時間7日)のリオ五輪男子柔道60キロ級準々決勝でパピナシビリ(ジョージア)に隅返しで一本負けした高藤直寿(23)。代表入り決定後、「皆さんがビックリするような柔道で金メダルを取る」と公言していた目標があえなくついえ、「もう終わった」と肩を落とした。3位決定戦でサファロフ(アゼルバイジャン)に優勢勝ちして銅メダルを獲得したものの、「色が違う。まだまだもっと強くならないといけない」と複雑な表情を浮かべた。

 型にとらわれず、ひらめきと創造力豊かなスタイルから、関係者が「誰にも真似ができない。金メダル獲得は当然」と口を揃える“天才”。それだけに柔道界は落胆の色が濃いが、「プロ転向ならドラフト1位。総合の大スターになれる」とプロ総合格闘技団体からは最大級の評価を受ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る