女子柔道部で稽古…異色経歴の“王者”永瀬貴規に金の期待

公開日:  更新日:

 昨年の世界選手権(カザフスタン・アスタナ)王者の永瀬貴規(22)がリオ五輪に登場する。

 長崎日大高校1年時に高校選手権を制して頭角を現したが、変わった経歴の持ち主だ。進学した長崎大付属中学には柔道部がなかったため、母・小由利さんの知人のつてを頼って県内の高校の女子柔道部で稽古を積んだ。

 中学生とはいえ、非力な女子高生相手では練習にならない。練習環境には恵まれなかったが、それを永瀬は逆手に取った。女子との乱取りでは簡単に技が決まるため、常に一本勝ちを想定して完璧な投げ技の練習を繰り返してきたという。

 技の正確性を武器とする永瀬は「中学時代の稽古があったから今の自分がある」と話す。81キロ級は実力者が揃う激戦区。永瀬には00年シドニー大会の滝本誠以来、2個目の金メダル獲得の期待がかかる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る