母国の援助なし “日本育ち”柔道パキスタン代表の壮絶決意

公開日:  更新日:

「まずは一戦一戦、全力で戦うことを意識したい、結果的にメダルが取れれば」――。

 柔道男子100キロ級パキスタン代表のシャーフセイン・シャー(23=筑波大出身)が20日、東京・大塚の角海老ボクシングジムで練習を公開。88年ソウル五輪ボクシング・ミドル級銅メダルで現在は同ジムでトレーナーを務める父親のフセイン・シャー(51)とともに約1時間、トレーニングメニューをこなした。

 父親がプロとして日本のリングに上がるため2歳で来日。幼稚園に上がると同時に柔道を始め、安田学園高時代には世界ジュニア選手権に出場するなど頭角を現した。筑波大3年時には世界選手権(ロシア・チャビリンスク)の代表にも選ばれている。リオでは開会式の旗手も務める。

 今年3月に同大を卒業したが就職先が見つからず、現在はフリーの立場。練習場所の確保すら難しく、これまでは母校や警視庁、角海老ジムなど、場所を替えて稽古やトレーニングを積んできた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る