母国の援助なし “日本育ち”柔道パキスタン代表の壮絶決意

公開日: 更新日:

「まずは一戦一戦、全力で戦うことを意識したい、結果的にメダルが取れれば」――。

 柔道男子100キロ級パキスタン代表のシャーフセイン・シャー(23=筑波大出身)が20日、東京・大塚の角海老ボクシングジムで練習を公開。88年ソウル五輪ボクシング・ミドル級銅メダルで現在は同ジムでトレーナーを務める父親のフセイン・シャー(51)とともに約1時間、トレーニングメニューをこなした。

 父親がプロとして日本のリングに上がるため2歳で来日。幼稚園に上がると同時に柔道を始め、安田学園高時代には世界ジュニア選手権に出場するなど頭角を現した。筑波大3年時には世界選手権(ロシア・チャビリンスク)の代表にも選ばれている。リオでは開会式の旗手も務める。

 今年3月に同大を卒業したが就職先が見つからず、現在はフリーの立場。練習場所の確保すら難しく、これまでは母校や警視庁、角海老ジムなど、場所を替えて稽古やトレーニングを積んできた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る