崖っぷちから大逆転4強 錦織圭が96年ぶりメダルに王手

公開日:  更新日:

 リオ五輪テニス男子シングルスの錦織圭(26)がテニスで日本選手として、96年ぶりのメダルに王手をかけた。準々決勝で7-6、4-6、7-6でG・モンフィス(仏)との3時間の死闘を制し、4強進出を決めたのだ。

 第3セットは互いに譲らずタイブレークに突入。錦織はいきなり4ポイント(7点先取で勝利)を取られる。そこから3ポイントを返すが、2ポイントを奪われて3-6。絶体絶命のピンチを招く。

 だが、「(五輪の)緊張の中でこれだけ動けて良いプレーができたのは、精神的に強くなっている証拠」という錦織の言葉に偽りはなかった。

 サービスでポイントを稼ぐなどして6-5とすると、プレッシャーに負けたモンフィスがサービスでダブルフォールトを犯す。6-6とすると一気呵成に攻め、最後はモンフィスのショットがラインをオーバー。連続5ポイントを奪取。鮮やかな逆転劇だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る