男子棒高跳び 決勝の注目は沢野とラビレニの“鳥人超え”

公開日:  更新日:

 決勝はどんな風が吹くのか――5メートル75の予選突破記録をクリアした選手がゼロと“低調”だったリオ五輪男子棒高跳び。1回で5メートル60をクリアした沢野大地(35)がギリギリで3大会ぶりの決勝に残った。5メートル83の自己ベストを持つ沢野に期待したいが、注目は世界記録保持者のルノー・ラビレニ(29=フランス)だ。

 12年のロンドン大会は五輪記録の5メートル93で金メダル。14年2月にウクライナの大会(室内)で6メートル16を出し、“鳥人”ブブカの持つ、屋外室内合わせた世界記録を21年ぶりに更新。観戦していたブブカを驚かせた。

 ただ、ラビレニは屋外ではブブカに及ばない。ブブカ6メートル14に対し、ラビレニは15年に出した6メートル05が自己最高。屋外のリオ五輪でブブカを超えられるか。

 五輪で好記録が生まれるためには、ライバルの出来がポイント。ショーンネシー・バーバー(22=カナダ)やサム・ケンドリクス(23=米国)らが力を出して競り合えば、6メートル超えの争いになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る