日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

金藤理絵200m平で金 引退危機乗り越え“未完の大器”開花

 完勝だった。

 日本時間12日午前に行われたリオ五輪競泳女子200メートル平泳ぎの決勝。金藤理絵(27)は2位に1秒67もの大差をつけてゴールした。圧倒的な金メダル。右拳を突き上げ、「信じられない。いろんなことがあった8年間。コーチや仲間、家族に支えてもらって、世界の頂点を狙ってやってこれた」と言って涙を流した。

 100メートルを折り返してトップに立つと、力強いストロークでその後は一人旅。得意の後半でぐんぐんと差を広げ、世界の強豪たちを引き離した。

 08年の北京五輪で7位入賞。「未完の大器」を返上すべく臨むはずだった12年ロンドン五輪は、国内選考会で敗れてまさかの落選。腰のヘルニアを発症し、何度も引退を考えた。東海大時代から指導を受ける加藤健志コーチに怒鳴られ、突き放され、慰められ、ようやく目が覚めたのが昨年の世界選手権。6位と惨敗したが、「こんなレースで競技人生を終わらせたくない」と消えかけていた闘志に火がついた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事