トップ3独占 リオ五輪ゴルフ“欧州ツアープロ”優勢の理由

公開日:  更新日:

【オリンピックGC】

 リオ五輪男子ゴルフは2日目が終わって上位は欧州勢が占めた。

 初日から首位キープのマーカス・フレーザー(38=豪)は欧州ツアー3勝の実力者だ。2位のトマス・ピエテルス(24)はベルギー出身で、すでに同2勝をマークするツアー期待の若手。そして3位は今季メジャー3戦目の全英オープンを20アンダーの好スコアで制したヘンリック・ステンソン(40=スウェーデン)。2013年には欧州ツアー賞金王、米ツアーフェデックス年間王者の両タイトルを手にしているベテランプロだ。

 それにしても、リオ五輪でなぜ欧州プロが強いのか。

「会場のオリンピックGCは本場スコットランドのリンクスを参考に、強風が吹くことを前提にデザインされたのです。全体的にフラットなのですが、グリーン回りはアンジュレーションがきつく、ピンを狙うショットは風を計算して狙う必要があります。だから普段からリンクスに慣れている欧州メンバーが有利なのです。また欧州ツアーは南ア、ドバイ、タイ、香港、中国、豪州など世界各地での共催大会で拡大しており、メンバーはどんなコース状況にも対応できる能力を持つ。会場にはウエストエリア(荒地)といってソールできる砂地があるのですが、ギャラリーの足跡だらけ。普段からきれいに整備されたゴルフ場で戦っている米ツアープロは、ウエストエリアでのライの悪さにうんざりした表情を見せるのですが、欧州ツアープロはライが悪くても平然とグリーンを狙ってくる。そんなメンタルの違いもあるのでしょう」(現地記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る