• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

トップ3独占 リオ五輪ゴルフ“欧州ツアープロ”優勢の理由

【オリンピックGC】

 リオ五輪男子ゴルフは2日目が終わって上位は欧州勢が占めた。

 初日から首位キープのマーカス・フレーザー(38=豪)は欧州ツアー3勝の実力者だ。2位のトマス・ピエテルス(24)はベルギー出身で、すでに同2勝をマークするツアー期待の若手。そして3位は今季メジャー3戦目の全英オープンを20アンダーの好スコアで制したヘンリック・ステンソン(40=スウェーデン)。2013年には欧州ツアー賞金王、米ツアーフェデックス年間王者の両タイトルを手にしているベテランプロだ。

 それにしても、リオ五輪でなぜ欧州プロが強いのか。

「会場のオリンピックGCは本場スコットランドのリンクスを参考に、強風が吹くことを前提にデザインされたのです。全体的にフラットなのですが、グリーン回りはアンジュレーションがきつく、ピンを狙うショットは風を計算して狙う必要があります。だから普段からリンクスに慣れている欧州メンバーが有利なのです。また欧州ツアーは南ア、ドバイ、タイ、香港、中国、豪州など世界各地での共催大会で拡大しており、メンバーはどんなコース状況にも対応できる能力を持つ。会場にはウエストエリア(荒地)といってソールできる砂地があるのですが、ギャラリーの足跡だらけ。普段からきれいに整備されたゴルフ場で戦っている米ツアープロは、ウエストエリアでのライの悪さにうんざりした表情を見せるのですが、欧州ツアープロはライが悪くても平然とグリーンを狙ってくる。そんなメンタルの違いもあるのでしょう」(現地記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る