トップ3独占 リオ五輪ゴルフ“欧州ツアープロ”優勢の理由

公開日:  更新日:

【オリンピックGC】

 リオ五輪男子ゴルフは2日目が終わって上位は欧州勢が占めた。

 初日から首位キープのマーカス・フレーザー(38=豪)は欧州ツアー3勝の実力者だ。2位のトマス・ピエテルス(24)はベルギー出身で、すでに同2勝をマークするツアー期待の若手。そして3位は今季メジャー3戦目の全英オープンを20アンダーの好スコアで制したヘンリック・ステンソン(40=スウェーデン)。2013年には欧州ツアー賞金王、米ツアーフェデックス年間王者の両タイトルを手にしているベテランプロだ。

 それにしても、リオ五輪でなぜ欧州プロが強いのか。

「会場のオリンピックGCは本場スコットランドのリンクスを参考に、強風が吹くことを前提にデザインされたのです。全体的にフラットなのですが、グリーン回りはアンジュレーションがきつく、ピンを狙うショットは風を計算して狙う必要があります。だから普段からリンクスに慣れている欧州メンバーが有利なのです。また欧州ツアーは南ア、ドバイ、タイ、香港、中国、豪州など世界各地での共催大会で拡大しており、メンバーはどんなコース状況にも対応できる能力を持つ。会場にはウエストエリア(荒地)といってソールできる砂地があるのですが、ギャラリーの足跡だらけ。普段からきれいに整備されたゴルフ場で戦っている米ツアープロは、ウエストエリアでのライの悪さにうんざりした表情を見せるのですが、欧州ツアープロはライが悪くても平然とグリーンを狙ってくる。そんなメンタルの違いもあるのでしょう」(現地記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  6. 6

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る