陸上男子1万m大迫は17位 日本勢は上位陣に太刀打ちできず

公開日:  更新日:

 予想通りの結果だ。リオ五輪陸上の男子1万メートルはモハメド・ファラー(33=英国)が27分5秒17で2連覇を果たした。6000メートル過ぎまで先頭集団にくらいついていた日本の大迫傑(25)は、27分51秒94で17位。4000メートルから遅れた設楽悠太(24)は28分55秒23で29位、村山紘太(23)は29分2秒51で30位だった。

 優勝したファラーは、5位のラップや大迫と同じく、長距離チームのナイキ・オレゴンプロジェクトで練習している。4000メートル付近でラップと接触して転倒しながら、すぐさま先頭集団に追いつき、残り1000メートルでトップを走る九電工所属のタヌイ(ケニア)を抜くと、そのまま振り切った。

 1万メートルを走る上位陣のスタミナ、スピードは驚異的だ。ペースの上げ下げも激しく、ファラーと一緒に汗を流し、力をつけた大迫でも17位が精いっぱい。日本人が太刀打ちできる種目ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る