• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

陸上男子1万m大迫は17位 日本勢は上位陣に太刀打ちできず

 予想通りの結果だ。リオ五輪陸上の男子1万メートルはモハメド・ファラー(33=英国)が27分5秒17で2連覇を果たした。6000メートル過ぎまで先頭集団にくらいついていた日本の大迫傑(25)は、27分51秒94で17位。4000メートルから遅れた設楽悠太(24)は28分55秒23で29位、村山紘太(23)は29分2秒51で30位だった。

 優勝したファラーは、5位のラップや大迫と同じく、長距離チームのナイキ・オレゴンプロジェクトで練習している。4000メートル付近でラップと接触して転倒しながら、すぐさま先頭集団に追いつき、残り1000メートルでトップを走る九電工所属のタヌイ(ケニア)を抜くと、そのまま振り切った。

 1万メートルを走る上位陣のスタミナ、スピードは驚異的だ。ペースの上げ下げも激しく、ファラーと一緒に汗を流し、力をつけた大迫でも17位が精いっぱい。日本人が太刀打ちできる種目ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る