• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

陸上男子1万m大迫は17位 日本勢は上位陣に太刀打ちできず

 予想通りの結果だ。リオ五輪陸上の男子1万メートルはモハメド・ファラー(33=英国)が27分5秒17で2連覇を果たした。6000メートル過ぎまで先頭集団にくらいついていた日本の大迫傑(25)は、27分51秒94で17位。4000メートルから遅れた設楽悠太(24)は28分55秒23で29位、村山紘太(23)は29分2秒51で30位だった。

 優勝したファラーは、5位のラップや大迫と同じく、長距離チームのナイキ・オレゴンプロジェクトで練習している。4000メートル付近でラップと接触して転倒しながら、すぐさま先頭集団に追いつき、残り1000メートルでトップを走る九電工所属のタヌイ(ケニア)を抜くと、そのまま振り切った。

 1万メートルを走る上位陣のスタミナ、スピードは驚異的だ。ペースの上げ下げも激しく、ファラーと一緒に汗を流し、力をつけた大迫でも17位が精いっぱい。日本人が太刀打ちできる種目ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

もっと見る