バド日本人対決制し奥原希望が初の4強入り 山口茜を下す

公開日:  更新日:

 リオ五輪バドミントン女子シングルス準々決勝は16日(日本時間17日午前)、世界ランク6位で第4シードの奥原希望(21)と同12位の山口茜(19)が対戦。過去の国際大会で奥原が5戦していずれもストレート勝ち。直近の試合では今年7月の全日本実業団選手権で奥原がやはりストレートで制している。

 会場の「リオセントロパビリオン」ではスタンドから両選手に日本語で声援が飛ぶ異様な光景。女子シングルスの佐藤翔治コーチは2人の担当コーチのため、ベンチ入りせずにスタンドから戦況を見守った。

 先手を取ったのは意外にも格下の山口だった。第1セットは長いラリーの応酬を制し、山口が5連続ポイントを奪うなど主導権を握り、21-11で第1ゲームを取る。過去の対戦で奥原から1ゲームも奪えなかった山口が五輪の大舞台で初めてセットを奪った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る