決勝でドイツと激突 ブラジルの五輪初制覇に“2つの条件”

公開日:  更新日:

 開催国ブラジルが悲願の五輪初優勝に王手を掛けた。日本時間18日午前1時開始のリオ五輪サッカー男子の準決勝でホンジュラスを6─0の大差で蹴散らしたのである。

 試合はオーバーエージ枠で加入したFWネイマール(24)の独り舞台。開始15秒だった。相手CBがモタつくと猛然とダッシュしたネイマールがボール奪取。右足で押し込んだシュートはGKに当たったが、その跳ね返りが左足に当たって無人のゴールに吸い込まれた。GKと交錯して胸を強打したネイマールがタンカで運び出される事態となったが、ゴールを決めた4分後に戦列に復帰した。36分にはFWジェズスにピンポイントのラストパスを通して好アシスト。ブラジルは前半を3─0で折り返した。

 ネイマールは後半も攻撃の手を緩めない。終了間際にはPKを確実に蹴り込み、結局2ゴール2アシストの活躍でブラジルの6ゴール圧勝劇の主役を演じて見せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る