決勝でドイツと激突 ブラジルの五輪初制覇に“2つの条件”

公開日:  更新日:

 開催国ブラジルが悲願の五輪初優勝に王手を掛けた。日本時間18日午前1時開始のリオ五輪サッカー男子の準決勝でホンジュラスを6─0の大差で蹴散らしたのである。

 試合はオーバーエージ枠で加入したFWネイマール(24)の独り舞台。開始15秒だった。相手CBがモタつくと猛然とダッシュしたネイマールがボール奪取。右足で押し込んだシュートはGKに当たったが、その跳ね返りが左足に当たって無人のゴールに吸い込まれた。GKと交錯して胸を強打したネイマールがタンカで運び出される事態となったが、ゴールを決めた4分後に戦列に復帰した。36分にはFWジェズスにピンポイントのラストパスを通して好アシスト。ブラジルは前半を3─0で折り返した。

 ネイマールは後半も攻撃の手を緩めない。終了間際にはPKを確実に蹴り込み、結局2ゴール2アシストの活躍でブラジルの6ゴール圧勝劇の主役を演じて見せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る