ボルト200mも金で3大会連続2冠 世界新には0.6秒及ばず

公開日:  更新日:

 リオ五輪陸上200メートル決勝(日本時間19日午前10時37分スタート)で19秒19の世界記録を持っているボルト(29)が、圧巻の強さを見せつけた。

 小雨模様の悪コンディションにもかかわらず、6レーンのボルトはスタートから飛ばし、最初のコーナーを回ったところでトップに立った。危なげないレース運びで金メダルを獲得。しかし、タイムを確認した瞬間、ボルトは右手を1度、2度振り下ろしながら顔を歪めた。19秒78。レース前に「世界新記録を更新して金メダルを取る」と宣言しながら「0.60秒」及ばなかったからだ。

 それでもジャマイカ国旗を肩にかけ、場内を回り始める頃には笑顔が戻り、トラックを一周してスタートラインに戻ると「6」と書かれた部分にキスした後、お馴染みのポーズ(=ライトニング・ボルト)を披露。スタンドから万雷の拍手を受けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る