• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

長距離なのに審判10人程度 「競歩」は違反をどう見つける?

 富士通の鈴木雄介(27)が3月の陸上全日本競歩能美大会の20キロ競歩で、1時間16分36秒の世界新記録を樹立。一躍、競歩がクローズアップされた。

 競歩はマラソンとは違い、厳格なルールがある。(1)「両足が同時に地面から離れることなく歩くこと」。(2)「前足は接地の瞬間から垂直の位置になるまで、真っすぐに伸びていなければならない」。(1)を違反すると「ロス・オブ・コンタクト」、(2)を違反すると「ペント・ニー」となり警告の赤カードが出される。3枚に達した時点で失格となる。

 これをジャッジするのが審判員。日本陸連が主催する大会では、主任を含めて6~9人。この中には3人の国際競歩審判員が含まれている。ジャッジはすべて目視で行われ、ビデオ判定は導入されていない。

■マラソンより少ない参加人数

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  9. 9

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る