長距離なのに審判10人程度 「競歩」は違反をどう見つける?

公開日: 更新日:

 富士通の鈴木雄介(27)が3月の陸上全日本競歩能美大会の20キロ競歩で、1時間16分36秒の世界新記録を樹立。一躍、競歩がクローズアップされた。

 競歩はマラソンとは違い、厳格なルールがある。(1)「両足が同時に地面から離れることなく歩くこと」。(2)「前足は接地の瞬間から垂直の位置になるまで、真っすぐに伸びていなければならない」。(1)を違反すると「ロス・オブ・コンタクト」、(2)を違反すると「ペント・ニー」となり警告の赤カードが出される。3枚に達した時点で失格となる。

 これをジャッジするのが審判員。日本陸連が主催する大会では、主任を含めて6~9人。この中には3人の国際競歩審判員が含まれている。ジャッジはすべて目視で行われ、ビデオ判定は導入されていない。

■マラソンより少ない参加人数

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  3. 3

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  4. 4

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  5. 5

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  6. 6

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  7. 7

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  8. 8

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

  9. 9

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  10. 10

    コロナ再拡大で東京アラート発動 原因は飲食店クラスター

もっと見る