20km競歩で松永が7位入賞も「これじゃ東京で勝てない」

公開日:  更新日:

「メダルを狙っていた」という松永大介(21=東洋大学)が、1時間20分22秒で7位に入り、この種目で初の入賞を果たした。

 3選手が出場したリオ五輪男子20キロ競歩は、世界記録(1時間16分36秒)を持つ鈴木雄介が故障で代表入りできず、メダル争いは厳しいと言われていた。それでも今季の世界ランキング1位は高橋英輝(23)、2位藤沢勇(28)、3位松永と日本勢が上位を占めている。入賞ぐらいはあるかと思ったら、若い松永がやってくれた。

 今回は74選手がエントリーして1キロの周回コースを20周する。選手同士の駆け引きはあるが、この種目の勝負はラスト5キロからといわれている。

 松永は10キロ手前で先頭のボスワース(英国)を追うため、集団を飛び出す。13キロ過ぎから集団にのみこまれたが、16キロまで8人の先頭グループにいた。残り3キロで中国の蔡沢林と王鎮がペースを上げ、集団がばらけると松永はついていけず、どうにか7位でゴールした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

もっと見る