藤浪リードしプロ初HRも 虎ドラ2坂本は“守れる優等生”

公開日: 更新日:

 24日のDeNA戦で先発マスクをかぶったドラフト2位の坂本誠志郎(22=明大)がプロ初本塁打。「甘い球をしっかり打ち返せた」と笑顔を見せた。初回にはこれもプロ初となる盗塁刺を決め、先発の藤浪を粘り強くリード。勝利に貢献した。

 坂本はアマ時代、エリート街道を歩んできた。履正社高時代は1年秋から正捕手となり、甲子園に2度出場。高2の早い段階で明大が獲得に動いたという。明大進学後は、1年秋から正捕手。山崎(オリックス=14年ドラフト1位)、上原(日本ハム=15年ドラフト1位)という好投手とバッテリーを組み、4年間で3度のリーグ優勝。2年時から3年連続で大学日本代表に選出され、4年時は代表の主将を務めた。

 阪神に入団した今季、一軍キャンプに抜擢されて最後まで帯同。ケガもあって一軍昇格は5月にずれ込み、約2週間で二軍落ちしたが、7月18日に再登録されてからは一軍に定着。首脳陣の期待の高さがうかがえる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  5. 5

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  6. 6

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  7. 7

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る