• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

藤浪リードしプロ初HRも 虎ドラ2坂本は“守れる優等生”

 24日のDeNA戦で先発マスクをかぶったドラフト2位の坂本誠志郎(22=明大)がプロ初本塁打。「甘い球をしっかり打ち返せた」と笑顔を見せた。初回にはこれもプロ初となる盗塁刺を決め、先発の藤浪を粘り強くリード。勝利に貢献した。

 坂本はアマ時代、エリート街道を歩んできた。履正社高時代は1年秋から正捕手となり、甲子園に2度出場。高2の早い段階で明大が獲得に動いたという。明大進学後は、1年秋から正捕手。山崎(オリックス=14年ドラフト1位)、上原(日本ハム=15年ドラフト1位)という好投手とバッテリーを組み、4年間で3度のリーグ優勝。2年時から3年連続で大学日本代表に選出され、4年時は代表の主将を務めた。

 阪神に入団した今季、一軍キャンプに抜擢されて最後まで帯同。ケガもあって一軍昇格は5月にずれ込み、約2週間で二軍落ちしたが、7月18日に再登録されてからは一軍に定着。首脳陣の期待の高さがうかがえる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る