• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

だから3横綱に勝てない…力士“肥大化”の原因は親方の怠慢

 力士の体重増加が止まらない。

 30日、相撲協会が9月場所に出場する十両以上の数値を発表し、平均体重は過去最高を更新する164・3キロだった。これまでの最高記録は今年初場所の163.9キロ。その前は15年5月場所の163.7キロと順調に肥大化しているのだ。

 過去には「ソップ型」と呼ばれる、筋肉質の力士も多かった。126キロで横綱を張った千代の富士などはその典型。それが今や、右を向いても左を向いても、でっぷりとした「アンコ型」の力士で埋め尽くされている。

 原因は、「親方衆の指導力不足ですよ」と、古株の相撲記者が続ける。

「土俵の大きさは戦前から変わらず、直径4.55メートル。この狭い空間で攻防を繰り広げるのだから、大きいほど有利という面がある。弟子に技や技術を教えられなくても、体を大きくさえすれば『そこそこ勝てる力士』にはなりますからね。問題はその体重が力士にとって適正かどうかでしょう。体重ばかり増やしても、動きが鈍くなれば俊敏なモンゴル人力士の餌食になるだけ。実際、土俵を見渡しても、彼らの素早い攻めについていける日本人力士はいませんよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る