• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

男子の低レベル露呈 やっぱり日本ツアーに生中継は逆効果

【フジサンケイクラシック】

 今週は大会初日から生中継がウリだった。最終日は地上波、BS、CS合わせて朝8時から延々8時間も試合が放送された。だが肝心の試合内容はといえば、首位と5打差5位発進で2週連続優勝を期待された石川遼(24)が1番でボギーを叩くなど、早々と優勝争いから脱落。

 最終組の3人も似たり寄ったり。5年ぶりの2勝目を狙う首位発進の趙珉珪(28)が72、2位発進のB・ケネディ(42)が75、3位発進の片岡大育(27)が72とそろってアンダーパーで回れない体たらく。もちろん下位から猛追する選手も現れず、スコアを崩した趙に優勝が転がり込んだ。

 これが試合が終わった後のディレー放送なら編集で好プレーをつなぎ合わせてボロを隠せる。生中継だっただけに選手のヘタクソぶりをさらけ出す中継となったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  3. 3

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  4. 4

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  5. 5

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  6. 6

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  7. 7

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  8. 8

    通信機器宣伝マンから再出発 “ギター侍”波田陽区さんは今

  9. 9

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  10. 10

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

もっと見る