男子の低レベル露呈 やっぱり日本ツアーに生中継は逆効果

公開日:  更新日:

【フジサンケイクラシック】

 今週は大会初日から生中継がウリだった。最終日は地上波、BS、CS合わせて朝8時から延々8時間も試合が放送された。だが肝心の試合内容はといえば、首位と5打差5位発進で2週連続優勝を期待された石川遼(24)が1番でボギーを叩くなど、早々と優勝争いから脱落。

 最終組の3人も似たり寄ったり。5年ぶりの2勝目を狙う首位発進の趙珉珪(28)が72、2位発進のB・ケネディ(42)が75、3位発進の片岡大育(27)が72とそろってアンダーパーで回れない体たらく。もちろん下位から猛追する選手も現れず、スコアを崩した趙に優勝が転がり込んだ。

 これが試合が終わった後のディレー放送なら編集で好プレーをつなぎ合わせてボロを隠せる。生中継だっただけに選手のヘタクソぶりをさらけ出す中継となったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る