• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

投打“真っ向勝負”で5位低迷…金本阪神「選手任せ」の弊害

 阪神は27日の試合前に4時間にも及ぶ編成会議を行った。金本監督も出席し、FAや外国人補強、ドラフト戦略などを話し合ったという。

 特にリーグ5位に沈むチーム打率.245の貧打線を解消するため、野手の補強が必要不可欠というのが球団と現場の共通認識。確かに、リーグワーストの73本塁打と長打力に乏しい打線に怖さはなく、リーグ4位の総得点443はトップの広島に148点もの差をつけられている。

 勝負にならんと金本監督は頭を抱えているわけだが、深刻な得点力不足は、指揮官の責任でもある。

 阪神の犠打数70はリーグ最少で、対照的に981三振はダントツ。いかにベンチが点をとるための手を打たず、選手任せにしているかを証明しているのだ。

 カード3連敗を喫した昨28日のヤクルト戦では、初回に先頭の上本が安打で出塁すると、続く北條が犠打で送り、先制点につなげた。が、2点を追う五回はこの回先頭の坂本が安打で出塁して無死一塁の状況で代打・今成、上本、北條と続けざまに打たせて無得点。この日は珍しく3犠打を記録したが、今季0勝2敗、防御率0.82と苦手にしていた山中をまたしても攻略できなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  2. 2

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  3. 3

    フリー転身説浮上 NHK桑子真帆アナに有働アナが“急接近”

  4. 4

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  5. 5

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  6. 6

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  7. 7

    お笑い界の“成功モデル”に?坊主頭の人気芸人が増えたナゾ

  8. 8

    タレントどもの“W杯便乗商法”はまだ始まったばかり

  9. 9

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  10. 10

    貴乃花一門“完全消滅”で「阿武松グループ」の処遇どうなる

もっと見る