大谷先発復帰も大きい穴 ハム守護神マーティン故障の波紋

公開日: 更新日:

 首位ソフトバンクを追う日本ハムに暗雲だ。

 6日、抑えを務めるマーティン(30)が登録を抹消された。左足首ねんざで全治4週間。4日のオリックス戦に登板後、ベンチへ戻る際に段差で足をひねったという。

 マーティンはここまで52試合に登板して2勝0敗、21セーブ。防御率1・07と安定感バツグンだった。「いまのメンバーでベストの戦いをするだけ」とは栗山監督。先発の吉川やメンドーサを代役に起用することを示唆したが、果たして制球に難のある吉川や球威不足のメンドーサに抑えが務まるのかどうか。

 ここまで野手に専念していた大谷翔平(22)が、2カ月ぶりに先発復帰する。登板予定だった6日のロッテ戦が中止になり、きょう7日、スライド登板する。

 大谷が先発に復帰することで、投手陣は余裕ができるはずだった。加藤やバースなど、もともとリリーフだった先発を後ろに回せるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  2. 2

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  3. 3

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  4. 4

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  5. 5

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  6. 6

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  7. 7

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  8. 8

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  9. 9

    三菱グループではないのに商標が使える「三菱鉛筆」の謎

  10. 10

    阪神1位指名の近畿大・佐藤輝明は前代未聞の大型内野手

もっと見る