• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ルーキー阿部が大逆転演出 中日“セ最下位”脱出に希望の光

「練習ではスタンドに入れるが、あれだけの長打力が右(方向)へあるとは思っていなかったな」

 森監督代行を驚かせたのが、ルーキー阿部の一発だ。3点を追う八回、巨人2番手マシソンの156キロのストレートを強振するとライトスタンドギリギリに飛び込むプロ1号アーチ。「少し振り遅れたけど、しっかり振り切れた」という当たりにベンチは沸いた。

 さらに阿部は1点差に迫った九回にも1死満塁から中堅へ同点犠飛を放ち、延長十一回のサヨナラ勝ちへつなげた。

 岩手・一関一高出身。明大時代は広島・野村と同期。3年で三塁のレギュラーとなり、4年秋には15年ぶりのリーグ優勝に貢献。

 広角に打ち分けるシュアな打撃と堅実なフィールディングが持ち味で、社会人ホンダからドラフト5位で入団した。12月には27歳になる。大企業のホンダから厳しいプロの世界へ飛び込むことに反対の声もあったが、夢にかけた。和田一浩から受け継いだ背番号5は、落合GMが評価して与えたもの。中日は最下位脱出に向けて頼りになる戦力が出てきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  7. 7

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  8. 8

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

  9. 9

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  10. 10

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

もっと見る