首位広島に総力戦も 中日「勝利への執念」に周囲冷ややか

公開日: 更新日:

「なんだか優勝決定戦みたいですね」

 テレビ解説の権藤博氏はそう言っていた。26日の広島戦。最下位に沈む中日が、確かにこの日は目の色が違った。

 先発の八木が6回1失点で降板すると、1-1の同点で迎えたその裏に2死一、三塁から荒木が三塁線へセーフティースクイズを敢行。必死の形相で駆け出した38歳のベテランが一塁へ頭から飛び込み、ユニホームを泥だらけにして勝ち越しの1点をもぎ取った。

 その1点を守ろうと、七回からは小刻みな継投策に出る。2番手の又吉が1死一、二塁とピンチを招くや、3番手の岡田を投入。その岡田が八回に1死一、二塁としたところで、すかさず森監督代行がベンチを飛び出して、祖父江にスイッチ。同点とされて迎えた九回には、守護神の田島をマウンドに上げるなど、地元記者も「おいおい、きょうはやたらと必死だな」と驚く勝利への執念を見せたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  4. 4

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  5. 5

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  6. 6

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  7. 7

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  8. 8

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  9. 9

    吉沢亮を大河ドラマ主役に抜擢 裏にNHKの“ジャニーズ対策”

  10. 10

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る