首位広島に総力戦も 中日「勝利への執念」に周囲冷ややか

公開日:  更新日:

「なんだか優勝決定戦みたいですね」

 テレビ解説の権藤博氏はそう言っていた。26日の広島戦。最下位に沈む中日が、確かにこの日は目の色が違った。

 先発の八木が6回1失点で降板すると、1-1の同点で迎えたその裏に2死一、三塁から荒木が三塁線へセーフティースクイズを敢行。必死の形相で駆け出した38歳のベテランが一塁へ頭から飛び込み、ユニホームを泥だらけにして勝ち越しの1点をもぎ取った。

 その1点を守ろうと、七回からは小刻みな継投策に出る。2番手の又吉が1死一、二塁とピンチを招くや、3番手の岡田を投入。その岡田が八回に1死一、二塁としたところで、すかさず森監督代行がベンチを飛び出して、祖父江にスイッチ。同点とされて迎えた九回には、守護神の田島をマウンドに上げるなど、地元記者も「おいおい、きょうはやたらと必死だな」と驚く勝利への執念を見せたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  7. 7

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  8. 8

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る