• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

好スコア続出…バーディー量産コースが選手をダメにする

【東海クラシック】

 終わってみればアンダーパーが1人もいなかった先週の「日本女子プロ選手権」とは打って変わり、好スコア続出だ。初日は成田美寿々(23)と全美貞(33)がバーディーを量産し、8アンダーでトップタイに並んだ。

 成田は先週4日間で8バーディー(14ボギー)しか奪えなかったのに、今週はたった1日で9バーディー(1ボギー)だった。それだけコース設定が違うということだ。「せっかくタフな日本女子プロでいい経験を積んだのに、これではムダになってしまう」と、ゴルフジャーナリストの菅野徳雄氏がこう続ける。

「どんなスポーツでも世界レベルでなければマイナーでしかなく、人気は上がりません。タフな設定でプレーすれば、日本の女子プロもマネジメント能力や技術も上がり、いかにボギーをたたかないゴルフをすればいいか学ぶ。世界のレベルがどんどん上がっているというのに、バーディー量産設定で試合を行う日本はその流れに逆行している。ますます世界との差が開くばかりです。アンダーパーがたくさん出ればファンが喜ぶというのは、素人の考えです。ただコースを難しくすればいいといっているわけではありません。4年後の東京五輪を見据えて、世界と互角に戦える日本人選手を育てる必要がある。タフな設定でプレーしなければ、いつまで経っても世界に追いつけないのです」

 先週の会場でヘトヘトになった選手は今週、コースがやさしく感じるはずだ。ただ毎週のようにバーディー量産設定コースで戦っていると、また女子プロのレベルは低下してしまう。そのサジ加減が日本女子プロゴルフ協会に求められているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  4. 4

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  7. 7

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  10. 10

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

もっと見る