好スコア続出…バーディー量産コースが選手をダメにする

公開日: 更新日:

【東海クラシック】

 終わってみればアンダーパーが1人もいなかった先週の「日本女子プロ選手権」とは打って変わり、好スコア続出だ。初日は成田美寿々(23)と全美貞(33)がバーディーを量産し、8アンダーでトップタイに並んだ。

 成田は先週4日間で8バーディー(14ボギー)しか奪えなかったのに、今週はたった1日で9バーディー(1ボギー)だった。それだけコース設定が違うということだ。「せっかくタフな日本女子プロでいい経験を積んだのに、これではムダになってしまう」と、ゴルフジャーナリストの菅野徳雄氏がこう続ける。

「どんなスポーツでも世界レベルでなければマイナーでしかなく、人気は上がりません。タフな設定でプレーすれば、日本の女子プロもマネジメント能力や技術も上がり、いかにボギーをたたかないゴルフをすればいいか学ぶ。世界のレベルがどんどん上がっているというのに、バーディー量産設定で試合を行う日本はその流れに逆行している。ますます世界との差が開くばかりです。アンダーパーがたくさん出ればファンが喜ぶというのは、素人の考えです。ただコースを難しくすればいいといっているわけではありません。4年後の東京五輪を見据えて、世界と互角に戦える日本人選手を育てる必要がある。タフな設定でプレーしなければ、いつまで経っても世界に追いつけないのです」

 先週の会場でヘトヘトになった選手は今週、コースがやさしく感じるはずだ。ただ毎週のようにバーディー量産設定コースで戦っていると、また女子プロのレベルは低下してしまう。そのサジ加減が日本女子プロゴルフ協会に求められているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  2. 2

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  3. 3

    高卒で異例の一軍帯同 広島小園をコーチ先輩“絶賛”の理由

  4. 4

    踏んだり蹴ったりZOZO前澤社長 “100億円豪邸”も建設中断か

  5. 5

    安倍首相は「自己愛型」か 9年前の動画“炎上”で識者が分析

  6. 6

    巨人・原監督に聞いた 指導未経験者を登用した真意

  7. 7

    自民に衝撃 参院選1人区「13勝19敗」予想で“W選”案急浮上

  8. 8

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  9. 9

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

  10. 10

    「なんかモヤモヤ」投稿で破局が噂される剛力彩芽の今後は

もっと見る