FAで野手補強に躍起だが…V逸巨人と広島の“決定的違い”

公開日:  更新日:

「今の野球は抑えで8割が決まる」とは元横浜監督の権藤博氏(評論家)。「抑え投手は打者の4番に該当する。先発3本柱より格上」という。

 2年連続でV逸した巨人はこのオフ、大補強に乗り出す。球団は最大の敗因を今年も解消されなかった貧打とみて、オリックスの糸井や日本ハムの陽といった強打の外野手を水面下で調査している。確かにリーグ4位の480得点は広島の655得点より175点も少ない。これでは勝負にならん、と近年の恒例のようになっている打者補強に今オフも躍起なのだが、冒頭の権藤氏の持論を持ち出すまでもなく、「その前に投手ではないか」とは、巨人などで投手コーチを歴任したOBの高橋善正氏(評論家)だ。

「最近の巨人は投手陣でもっていた。特に山口を中心としたリリーフ陣、勝利の方程式が強固だった。山口は昨年まで8年連続60試合登板。そんな鉄人も今年は勤続疲労から打たれ勝ちパターンから外れた。1勝6敗、防御率4.96はとても山口のものとは思えない成績。絶対的なセットアッパーだった面影はもうない。ここが揺らいだことがV逸の要因の一つでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る