• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

阪神・金本監督 岩貞の“2ケタ勝ち”をバックアップの狙い

 先発投手にとって2ケタ勝ちは一つの「勲章」だ。そのチャンスが巡ってきたのが、阪神3年目の岩貞祐太(25)。

 20日の巨人戦(甲子園)が台風接近のため中止になり、最終戦となる10月1日(土)に組まれた。19日の巨人戦で8勝目を挙げた岩貞は、次回の登板予定は25日の中日戦(ナゴヤドーム)。そこで投げても中5日で最終戦に登板できるため、プロ初となる10勝の可能性が出てきたのだ。

 19日の試合は8回5安打1失点の好投で、今季甲子園での巨人戦初勝利に大きく貢献。投球内容をベタ褒めした金本監督は、岩貞の2ケタ勝ちをバックアップする意向だという。

 あるOBは「それは岩貞だけでなく、監督自身のためでもあるんじゃないか」と言って、こう続けた。

「金本監督は超変革の看板を掲げてスタートしたが、期待したほど若手が伸びなかった。北條、原口は、少しは顔と名前を売ったが、来季も確実に戦力になりそうな野手は高山ぐらい。投手は新人の青柳(帝京大)がちょっとばかり目立ったものの、昨年まで2勝しか挙げていなかった岩貞の活躍は何より大きい。フルシーズン、ローテを守り、しかも巨人戦は防御率1点未満(0.75)で3勝だろ。昨年まで使いものにならなかった左腕が2ケタ勝てば、金本監督にとっても、超変革の実績になる。無理しても投げさせて10勝してもらいたいのが本音じゃないの」

 岩貞が10勝を挙げ、その勝利で最下位まで免れれたら超変革のMVPは決まりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る