球団社長は野球の素人 金本監督は“GM兼任”で補強陣頭指揮

公開日:  更新日:

 来年の今頃はスポーツ紙を賑わせているかもしれない。

 阪神の金本監督(48)は就任1年目の今季、「超変革」をチームスローガンに戦ったが、積極的に起用した多くの若手は戦力にならなかった。しかも、主力の鳥谷は極度の不振に陥り、西岡は故障の連続。終盤は最下位争いの体たらくで、早々とストーブリーグに突入した。今の話題といえば、当然オフの補強ということになるのだが、FAや助っ人取りの采配を振るのも、現場リーダーの金本監督だというのだ。

「昨オフ、球団社長が南(信男)さんから四藤(慶一郎)さんに代わり、新監督に金本を呼んだ。前社長はちょっとばかり野球の知識があったから、ドラフトや補強も自分の考えを押し通した。でも、新社長はまったく野球がわかっていない。今オフの補強や人事などは金本監督の言いなりです。資金に限界はあるものの、フロントは金本監督の希望通りに動くことになる。つまり、監督がGMを兼務するということだね」(阪神OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る