球団社長は野球の素人 金本監督は“GM兼任”で補強陣頭指揮

公開日: 更新日:

 来年の今頃はスポーツ紙を賑わせているかもしれない。

 阪神の金本監督(48)は就任1年目の今季、「超変革」をチームスローガンに戦ったが、積極的に起用した多くの若手は戦力にならなかった。しかも、主力の鳥谷は極度の不振に陥り、西岡は故障の連続。終盤は最下位争いの体たらくで、早々とストーブリーグに突入した。今の話題といえば、当然オフの補強ということになるのだが、FAや助っ人取りの采配を振るのも、現場リーダーの金本監督だというのだ。

「昨オフ、球団社長が南(信男)さんから四藤(慶一郎)さんに代わり、新監督に金本を呼んだ。前社長はちょっとばかり野球の知識があったから、ドラフトや補強も自分の考えを押し通した。でも、新社長はまったく野球がわかっていない。今オフの補強や人事などは金本監督の言いなりです。資金に限界はあるものの、フロントは金本監督の希望通りに動くことになる。つまり、監督がGMを兼務するということだね」(阪神OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  3. 3

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  4. 4

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る