西武時代の“水と油”再現 工藤&伊東両監督ピリピリムード

公開日: 更新日:

 握手をする手に渾身の力を込めてなかったか。

 8日に開幕するCSファーストステージ。昨7日はソフトバンクの工藤監督(53)とロッテの伊東監督(54)が、会見に出席。それぞれ、「みんなで熱く、一つになる」(工藤監督)、「失うものは何もない」(伊東監督)と意気込みを述べた。

 写真撮影では握手をした2人だが、会見中は言葉を一切かわさず。ピリピリしたムードが漂っていた。

 さすが勝負師――とみる向きもあるが、「あの2人は水と油だから」とは西武OBだ。

「工藤は現役時代、森監督の管理野球に反発。『ヒジが痛いんで降板します』と言っては首脳陣を困らせていた。そこへいくと伊東は森監督に従順だった。性格も奔放で新人類と呼ばれた工藤と、ムッツリの伊東では正反対。もっとも、打たれた時はそれぞれ『配球がおかしい』『コントロールミス』と、自分の責任を棚に上げるところは共通していたけど」

 共に負けられない一戦というわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  2. 2

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  7. 7

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  8. 8

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

  9. 9

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  10. 10

    安倍首相がG7で批判逃れ 帰国後に隔離生活で“雲隠れ”画策

もっと見る