西武時代の“水と油”再現 工藤&伊東両監督ピリピリムード

公開日:  更新日:

 握手をする手に渾身の力を込めてなかったか。

 8日に開幕するCSファーストステージ。昨7日はソフトバンクの工藤監督(53)とロッテの伊東監督(54)が、会見に出席。それぞれ、「みんなで熱く、一つになる」(工藤監督)、「失うものは何もない」(伊東監督)と意気込みを述べた。

 写真撮影では握手をした2人だが、会見中は言葉を一切かわさず。ピリピリしたムードが漂っていた。

 さすが勝負師――とみる向きもあるが、「あの2人は水と油だから」とは西武OBだ。

「工藤は現役時代、森監督の管理野球に反発。『ヒジが痛いんで降板します』と言っては首脳陣を困らせていた。そこへいくと伊東は森監督に従順だった。性格も奔放で新人類と呼ばれた工藤と、ムッツリの伊東では正反対。もっとも、打たれた時はそれぞれ『配球がおかしい』『コントロールミス』と、自分の責任を棚に上げるところは共通していたけど」

 共に負けられない一戦というわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

もっと見る