日本OP初V松山英樹 “ボギー後バーディー狙い”に成長の跡

公開日: 更新日:

【日本オープン 最終日】

「成長した姿を日本の皆さんに見せたい」と、4年ぶりに本大会出場の松山英樹(24)が米ツアー2勝の貫禄を見せて勝った。

 4アンダー単独首位発進の最終日は前半に4バーディー、2ボギーとスコアを2つ伸ばし、2位とはスタート時の1打差から4打差に開いてターン。この時点で松山の勝利はほぼ決まり、といってもおかしくなかった。

 折り返して1バーディー、2ボギーと1つスコアを崩したが、追い上げてくる選手もなく、終わってみれば2位とは3打差と楽々の逃げ切りだった。

 現地で取材した評論家の菅野徳雄氏が「筋書き通りの結果になった」とこう続ける。

「日本ツアーの選手はタフなコース設定にスコアを維持するのがやっとだった。しかし松山はラフを恐れずに、グリーンまで短い距離ならば深いラフからでも狙っていた。それは当たり前の話で、米ツアーのラフは粘りのあるベント芝ですが、日本のコーライ芝はヘッドの抜けがよく楽だったんでしょう。優勝がほぼ決まり、決して手を抜いたとは言いませんが、12番から3連続で短いバーディーチャンスを外したのは問題だった。あれを当たり前のように決めたら、もっと米ツアーでも勝てるはずです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  2. 2

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  3. 3

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  4. 4

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  5. 5

    武蔵小杉は浸水…著名人が住む“元祖”セレブエリアは安全か

  6. 6

    もはや“国民的上司” 天海祐希も昔は「生意気」だった?

  7. 7

    DeNA筒香が大打撃…侍メンバー漏れでメジャー挑戦に暗雲

  8. 8

    CS出場なのに…阪神“蚊帳の外”侍Jに選出ゼロという悲哀

  9. 9

    被災地尻目に自衛隊を中東派遣「防災より防衛」のアベコベ

  10. 10

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る