• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本オープン 松山・スコット・石川が“予選同組”の不可解

 13日から始まった日本オープン。目玉は11時35分に1番スタートの26組、アダム・スコット、松山英樹、石川遼の3人だ。

 主催の日本ゴルフ協会(JGA)が3人の出場を発表したのは9月12日。その時から3人一緒のペアリングがうわさされていたが、その通りになったのだ。

 さらに例年なら組み合わせ発表は開催週の火曜日だが、今年は1週間も前の10月5日と、大会を盛り上げるためにJGAの3人に寄せる期待の大きさがよくわかる。

 だが、ゴルファー日本一を決める本大会にわざわざ“目玉”をつくる必要があるのか、という疑問がある。

「日本オープンとは名ばかりで、これでは人気取りのエキシビションマッチと変わらない」と評論家の宮崎紘一氏がこう言う。

「予選2日間は松山、石川、スコットの組にギャラリーは殺到するでしょう。すでにマスコミに対して、この組には取材規制をするという話も聞いています。進行上、混乱するのは避けられないでしょう。JGAも人気をあおって客を集めたいのでしょうが、そもそもスポンサーが冠になった通常大会と違って、公益財団法人のJGAがそんなコマーシャリズムに流されていいのかという気がします。米ツアーメンバー3人のために試合を開催しているようであり、日本ツアープロをないがしろにしているともいえる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事