広島ジョンソンも本当は“対象外” 沢村賞の価値またも低下

公開日: 更新日:

「基準を見直す必要がある」

 こう言ったのは、沢村賞選考委員長の堀内恒夫氏。24日、今年の沢村賞に広島のジョンソン(32)が選ばれた。外国人投手としては64年のバッキー(阪神)以来、52年ぶりとなったが、堀内氏は来季から選考基準を改定する方針を示した。

 そのワケは、「完投数、投球回をクリアできる投手がいない」ということ。沢村賞は先発完投型の投手に贈られ、25試合登板、200投球回以上、防御率2.50以下、15勝以上、勝率6割以上、10完投以上、150奪三振以上の7項目を満たし、さらにチームの勝利貢献度なども加味される。ジョンソンがクリアしたのは15勝など4項目のみ。本来なら選考対象外のはずで、5人の委員のうち堀内氏、村田兆治氏は当初、「該当者なし」としたが、平松政次氏ら3人が推したという。

 昨年の前田健太(広島)も「10完投以上」の基準に満たずに受賞した。分業制が確立された現在のプロ野球で、全7項目を達成するのは難しくなっているものの、13年の受賞者である田中将大(楽天)は、24勝0敗をはじめ、圧倒的な成績で全項目をクリア。「沢村賞は自分にとって大事な大きな賞」と誇らしげに言ったのは、賞の高い権威を物語っている。

 ただでさえ沢村賞の価値が落ちているのに、今後はクオリティースタート(QS=6イニング自責点3以下)を加えることも検討しているという。達成者がいなければ、該当者なしでいいものを、こんな状況では田中をはじめ、過去の多くの受賞者が泣いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  5. 5

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  6. 6

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  7. 7

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  8. 8

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  9. 9

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  10. 10

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

もっと見る