広島ジョンソンも本当は“対象外” 沢村賞の価値またも低下

公開日:  更新日:

「基準を見直す必要がある」

 こう言ったのは、沢村賞選考委員長の堀内恒夫氏。24日、今年の沢村賞に広島のジョンソン(32)が選ばれた。外国人投手としては64年のバッキー(阪神)以来、52年ぶりとなったが、堀内氏は来季から選考基準を改定する方針を示した。

 そのワケは、「完投数、投球回をクリアできる投手がいない」ということ。沢村賞は先発完投型の投手に贈られ、25試合登板、200投球回以上、防御率2.50以下、15勝以上、勝率6割以上、10完投以上、150奪三振以上の7項目を満たし、さらにチームの勝利貢献度なども加味される。ジョンソンがクリアしたのは15勝など4項目のみ。本来なら選考対象外のはずで、5人の委員のうち堀内氏、村田兆治氏は当初、「該当者なし」としたが、平松政次氏ら3人が推したという。

 昨年の前田健太(広島)も「10完投以上」の基準に満たずに受賞した。分業制が確立された現在のプロ野球で、全7項目を達成するのは難しくなっているものの、13年の受賞者である田中将大(楽天)は、24勝0敗をはじめ、圧倒的な成績で全項目をクリア。「沢村賞は自分にとって大事な大きな賞」と誇らしげに言ったのは、賞の高い権威を物語っている。

 ただでさえ沢村賞の価値が落ちているのに、今後はクオリティースタート(QS=6イニング自責点3以下)を加えることも検討しているという。達成者がいなければ、該当者なしでいいものを、こんな状況では田中をはじめ、過去の多くの受賞者が泣いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る