日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

強気“次戦V宣言”が足かせに 堀琴音を待つ初Vへの苦難

【TOTOジャパンクラシック】

 日米ツアー共催大会は10位タイまでの13選手中、日本人は堀琴音(20)ただ一人だけだった。5打差12位発進の最終日は、3日間ベストの68をマーク。通算10アンダーまでスコアを伸ばして、3位に入った。

「3日間の中で一番いいラウンドだった。(米ツアープロと)すごい差を感じた。(3位に入り)またひとつ自信になったので(次回は)優勝を目指します」(堀)

 日本女子オープンではアマチュアだった畑岡奈紗(17)に敗れて2位に終わり、「プロが勝たなくちゃいけない」と大泣き。その後も富士通レディース3位、樋口久子三菱電機レディス4位と上位争いに絡んだ。プロ3年目の未勝利ながら、今季は賞金ランク7位まで上昇。となると、いつ勝つか、が注目される。

■優勝宣言で持ち味が失われる

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事