強気“次戦V宣言”が足かせに 堀琴音を待つ初Vへの苦難

公開日: 更新日:

【TOTOジャパンクラシック】

 日米ツアー共催大会は10位タイまでの13選手中、日本人は堀琴音(20)ただ一人だけだった。5打差12位発進の最終日は、3日間ベストの68をマーク。通算10アンダーまでスコアを伸ばして、3位に入った。

「3日間の中で一番いいラウンドだった。(米ツアープロと)すごい差を感じた。(3位に入り)またひとつ自信になったので(次回は)優勝を目指します」(堀)

 日本女子オープンではアマチュアだった畑岡奈紗(17)に敗れて2位に終わり、「プロが勝たなくちゃいけない」と大泣き。その後も富士通レディース3位、樋口久子三菱電機レディス4位と上位争いに絡んだ。プロ3年目の未勝利ながら、今季は賞金ランク7位まで上昇。となると、いつ勝つか、が注目される。

■優勝宣言で持ち味が失われる

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  8. 8

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  9. 9

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  10. 10

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

もっと見る