マンCが3-1で雪辱も…“金満度”ではバルサに遠く及ばず

公開日: 更新日:

 欧州チャンピオンズリーグ(CL)のグループリーグ第4節が1日に行われ、注目カードの英プレミアのマンチェスター・シティーとスペインのバルセロナとの一戦はホームのマンCが3-1で勝利した。

 21分にバルサFWメッシに先制点を奪われたが、39分にMFギュンドアンが同点ゴール。劣勢だったマンCは息を吹き返した。後半6分にMFデ・ブライネが逆転FKを決め、29分には再びギュンドアンが豪快に蹴り込み、優勝候補のバルサに今季CL初黒星をつけた。

 しかしながらピッチ外の“カネ勝負”ではバルサの圧勝劇である。

 世界最高年俸はメッシの25億円。2位でチームメートのFWネイマールが先月21日、契約を2021年まで延長して年俸5億円アップ。メッシと同額の25億円となった。

 もっともメッシはクラブ側と「21年まで契約延長」を前提の新年俸を折衝中。ネイマールを上回るのは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  4. 4

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  7. 7

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  8. 8

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  9. 9

    作曲家デビューした裕一「福島行進曲」B面の作詞家は?

  10. 10

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

もっと見る