マンCが3-1で雪辱も…“金満度”ではバルサに遠く及ばず

公開日: 更新日:

 欧州チャンピオンズリーグ(CL)のグループリーグ第4節が1日に行われ、注目カードの英プレミアのマンチェスター・シティーとスペインのバルセロナとの一戦はホームのマンCが3-1で勝利した。

 21分にバルサFWメッシに先制点を奪われたが、39分にMFギュンドアンが同点ゴール。劣勢だったマンCは息を吹き返した。後半6分にMFデ・ブライネが逆転FKを決め、29分には再びギュンドアンが豪快に蹴り込み、優勝候補のバルサに今季CL初黒星をつけた。

 しかしながらピッチ外の“カネ勝負”ではバルサの圧勝劇である。

 世界最高年俸はメッシの25億円。2位でチームメートのFWネイマールが先月21日、契約を2021年まで延長して年俸5億円アップ。メッシと同額の25億円となった。

 もっともメッシはクラブ側と「21年まで契約延長」を前提の新年俸を折衝中。ネイマールを上回るのは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  8. 8

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  9. 9

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る