日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マンCが3-1で雪辱も…“金満度”ではバルサに遠く及ばず

 欧州チャンピオンズリーグ(CL)のグループリーグ第4節が1日に行われ、注目カードの英プレミアのマンチェスター・シティーとスペインのバルセロナとの一戦はホームのマンCが3-1で勝利した。

 21分にバルサFWメッシに先制点を奪われたが、39分にMFギュンドアンが同点ゴール。劣勢だったマンCは息を吹き返した。後半6分にMFデ・ブライネが逆転FKを決め、29分には再びギュンドアンが豪快に蹴り込み、優勝候補のバルサに今季CL初黒星をつけた。

 しかしながらピッチ外の“カネ勝負”ではバルサの圧勝劇である。

 世界最高年俸はメッシの25億円。2位でチームメートのFWネイマールが先月21日、契約を2021年まで延長して年俸5億円アップ。メッシと同額の25億円となった。

 もっともメッシはクラブ側と「21年まで契約延長」を前提の新年俸を折衝中。ネイマールを上回るのは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事