• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マンCが3-1で雪辱も…“金満度”ではバルサに遠く及ばず

 欧州チャンピオンズリーグ(CL)のグループリーグ第4節が1日に行われ、注目カードの英プレミアのマンチェスター・シティーとスペインのバルセロナとの一戦はホームのマンCが3-1で勝利した。

 21分にバルサFWメッシに先制点を奪われたが、39分にMFギュンドアンが同点ゴール。劣勢だったマンCは息を吹き返した。後半6分にMFデ・ブライネが逆転FKを決め、29分には再びギュンドアンが豪快に蹴り込み、優勝候補のバルサに今季CL初黒星をつけた。

 しかしながらピッチ外の“カネ勝負”ではバルサの圧勝劇である。

 世界最高年俸はメッシの25億円。2位でチームメートのFWネイマールが先月21日、契約を2021年まで延長して年俸5億円アップ。メッシと同額の25億円となった。

 もっともメッシはクラブ側と「21年まで契約延長」を前提の新年俸を折衝中。ネイマールを上回るのは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る