• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大一番サウジ戦控え “崖っぷち”ハリル監督の精神状態は?

 サウジアラビア戦前日(14日)のハリルホジッチ監督の印象を元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏は「精神的に落ち着き、戦闘モードと冷静さがバランス良く同居していた」と話す。

 W杯アジア最終予選B組で3位と低迷。「サウジ戦に勝っても解任」という噂が流れる中、11日のオマーン戦で2得点のFW大迫ら新戦力が好パフォーマンスを見せ、ピリピリモードだったハリルホジッチ監督の機嫌を良化させた。六川氏が続ける。

「公式会見で『若手が自信を持ってプレーし、経験のある選手にプレッシャーを与える。そうすれば競争が生まれる』と話していたが、オマーン戦で望んでいた状況に近づいた手応えがあり、それで記者会見に続いて行われた公式練習でも、落ち着いた雰囲気を醸し出していたのでしょう」

 公式練習では、開始15分前にはピッチ上に姿を現し、コーチ、スタッフとともに軽快にランニング。選手が集合した後のミーティングなど、的確に指示を与えるシーンも見られた。大一番サウジ戦に勝ち、解任騒動にケリをつけられるか――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  9. 9

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る