• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ハリル氏もやり玉 サッカー代表監督が集中砲火浴びるワケ

「目の敵」にされる人もいる。

 18年ロシアW杯アジア最終予選で苦戦を強いられるハリルホジッチ監督(64)は、タイやUAEとの試合前には「負ければ解任」と連日厳しく報じられた。オーストラリア戦の前日に行われた公式会見では、地元記者からの「日本代表が批判にさらされているが?」という問いにカチンときて会見を強制終了させる一幕もあった。

 この会見だけではない。先月29日のメンバー発表会見では、UAE戦の敗因に選手のケガや合宿期間の短さを挙げた監督に対し、日本のメディアが「言い訳にしか聞こえない」と詰め寄り、別の記者も「イラク戦とオーストラリア戦がUAE戦と同じ結果に終わった場合は、ケジメを取れますか?」と辞任を迫るなど、国内のスポーツマスコミも代表監督の采配や言動にはやたら厳しい。

■プロ野球の対極

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事