今季初の奪三振王 シャーザー「サイ・ヤング賞」のお値段

公開日: 更新日:

 最も優れた投手に贈られるサイ・ヤング賞が16日(日本時間17日)に発表され、ナ・リーグからはナショナルズの右腕マックス・シャーザー(32)が選ばれた。

 今季のシャーザーは34試合(228.1回)で20勝7敗、防御率2.96。5月11日の古巣タイガース戦では1試合20三振のメジャータイ記録をマーク。メジャー最多の284三振で自身初の奪三振王のタイトルを獲得した。108年ぶりの世界一になったカブス・レスター、ヘンドリクスの2人の最終候補を抑えて、タイガース時代の13年に続く2度目の栄誉を手にした。

 15年1月に7年総額2億1000万ドル(約229億円)でナショナルズと契約。表彰ボーナスも細かく設定されており、今回のサイ・ヤング賞受賞で50万ドル(約5500万円)が懐に入る。メジャーを代表する右腕は、来年3月のWBC米国代表に選ばれている。

 アはレッドソックスの右腕リック・ポーセロ(27=22勝4敗、防御率3.15)が選ばれた。

 なお、17日には、両リーグのMVPが発表される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  4. 4

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  5. 5

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  9. 9

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  10. 10

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る