U-20女子W杯 ヤングなでしこ育てる指揮官2人のアメとムチ

公開日:

 パプアニューギニアで行われたU-20女子W杯でヤングなでしこは、3位で大会を終えた。とはいえ、2014年のU-17W杯の優勝に続き、フル代表に最も近い20歳以下世代で3位に入るのは簡単なことではない。

 今はリオ五輪が終わり、日本のみならず、今大会で活躍した選手たちは、そのまま新しく生まれるフル代表への近道となる。U-20世代を前カテゴリーから引き続いて率いた高倉麻子監督(48)と大部由美コーチ(41)は、なでしこジャパンでもコンビを組んでいる。

 ともに日本女子代表OGでW杯、五輪出場経験者。役割は実に明確だ。攻撃はMFだった高倉監督、守備はDFだった大部コーチ。どちらかが怒りをあらわにすれば、どちらかがソフトにフォローする。いわゆるアメとムチである。

「全員にチャンスを与えるつもりで練習も見ている」という指揮官の目は、常に控え組の成長に向けられていた。それが伝わるからこそ、抜擢される選手は自分自身の可能性を信じ、目に見えて成長していくのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る