U-20女子W杯SF敗退…主将・乗松瑠華が涙で漏らした決意

公開日:

「やっぱり世界の壁は高いと感じました」――。 決勝まであとひとつのところで日本の野望はフランスに阻まれた。試合終了直後には、うずくまるチームメートに寄り添い、気丈に振る舞っていたDF乗松瑠華(浦和レディースス)の目から悔し涙があふれていた。

 パプアニューギニアで開催中のU―20女子W杯優勝を目標にしてきたヤングなでしこを、最終ラインから常に鼓舞し続けてきた。個性派揃いの選手たちの中で左腕にキャプテンマークを巻く。

 世代別代表としては大きな実績を残していない乗松は、2012年に挑んだU―17女子W杯では上位進出を期待されながらもベスト8止まり。だからこそ、優勝を目指せる力が揃った今大会に秘める思いは強かった。

 今大会随一のスピードを誇る強豪フランスを相手に、体を張って何度もピンチをはね返した。CBでコンビを組む市瀬菜々(仙台レディース)とはこのチームが結成されて約2年、信頼関係を築き上げてきた。ミスを補い、長所を高め合ってきた相棒である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  3. 3

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  4. 4

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  5. 5

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  6. 6

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  7. 7

    メディアは国のトップ発言の垂れ流しを終わりにするべき

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  10. 10

    鈴木誠也の2位指名は“凡打ばかりのプレゼン”も一役買った

もっと見る