来年の目標も「賞金王」 池田勇太が“ガラパゴス化”に拍車

公開日:

【ゴルフ日本シリーズJTカップ】

 最終組の3人が18番パー3のティーインググラウンドに立った時に、小平智(27)が通算13アンダーで単独トップ。池田勇太(30)と朴相賢(33)は1打差2位タイにつけていた。さらに1組前ですでに12アンダーでホールアウトした金庚泰(30)の4人に優勝のチャンスが残っていた。

 しかしグリーン右サイドに外した朴がチップインバーディーを決めると、ピン左5メートルの池田は入れ返す力がなく、グリーン左サイドに乗っただけの小平はファーストパットを3メートル近くもショートし、下りのパーパットを外してジ・エンド。その瞬間に逆転で朴のツアー初優勝が決まった。

 今大会は今季男子ツアーの最終戦であり、池田と谷原との賞金レースに決着がつくとともに、小平が勝てば史上最年少でメジャー3冠という話題があった。また、池田が勝てば昨季イ・ボミが記録を作った男女ツアー最高賞金額を塗り替えることもできたが、それも空振りに終わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る