• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

教え子は虎視眈々 吉田沙保里“兼任コーチ”で失う女王の座

 元世界女王がコーチとして始動した。

 リオ五輪女子レスリング53キロ級で銀メダルに終わり、新たに日本代表の選手兼コーチに就任した吉田沙保里(34)。昨24日には東京五輪に向けた新体制発足後、初の合宿に参加。補強運動などで汗を流すとともに、若手選手に助言を送るなど、初日から精力的に動き回った。今後も現役を続けながら、「選手にはこれまで自分が教わってきたことを包み隠さず伝えたい」と東京五輪でのメダリスト育成に意欲を見せた。

 選手としてはまず、来年8月の世界選手権(パリ)での14連覇を目指すが、自らの教え子でもある国内の若手が吉田の首を虎視眈々と狙っている。これまでは敵なしだった吉田の53キロ級を避ける選手は少なくなかったが、来年からは48キロ級から上げたり、55キロ級(非五輪階級)から落として、53キロ級にエントリーする選手が続出する。

 栄強化本部長によれば、リオ五輪48キロ級金メダルの登坂絵莉も、東京は53キロでの出場を目指すという。非五輪階級にもユースやジュニアの国際大会優勝など実績のある選手はいる。吉田は東京五輪で金メダル奪回どころか代表落ちもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  3. 3

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  4. 4

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  5. 5

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  6. 6

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  7. 7

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  8. 8

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る