青木は引く手あまた アストロズと交渉決裂も複数球団関心

公開日:

 今オフだけで2度も移籍手続きが取られそうだ。

 今月上旬にアストロズへの入団が決まったばかりの青木宣親(34=前マリナーズ)に早くも放出の可能性が浮上しているからだ。

 アストロズは外野のレギュラーとしてジョシュ・レディック(前ドジャース)を4年総額5200万ドル(約58億7000万円)で獲得。ジェフ・ルーノーGMは23日のレディックの入団会見で「外野の陣容に影響する動きがまだ1つか2つあるかもしれない」と明言。マリナーズからウエーバーで獲得した青木の放出も示唆した。青木のようにFA資格を有していない選手に対し、球団は12月2日までに残留オファーをしなければならない。今後の補強次第でアストロズは青木との契約を見送る可能性もある。

 地元紙ヒューストン・クロニクル(電子版)はアストロズは「青木と契約してもトレードする方針だ」と、早ければ年内にも移籍話がまとまると伝えている。

 すでに外野手が手薄なオリオールズなど複数の球団が青木に関心を寄せているという報道もあり、ベテラン外野手の移籍先は早々と決まりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る