早実清宮を指名予告 ハム栗山監督に“ポスト中田”育成計画

公開日: 更新日:

「中軸を担っていた長距離打者が2人もいなくなれば、戦力は大幅にダウンする。日ハムは数年前から日本人の大砲を育成しようとしていたが、いまも難航中。二軍にホームランバッタータイプは皆無ですからね。確かに和製大砲不足に嘆く球団は多く、ドラフトで競合は必至。それでも指揮官が清宮を高く買っている以上、指名するのではないか。近年は栗山監督の意向がドラフトに強く反映される。クジで外したとはいえ、今年と昨年の1位指名、田中と高橋(いずれもソフトバンク)は栗山監督の強い要望があってのことだと聞いています」(球団OB)

 ただし、清宮は早大に進学する選手の多い早稲田実業だ。82年にヤクルトから1位指名された荒木大輔のように直接プロ入りする者がいないわけではないが、ごく少数。栗山監督の熱意はクジ引き以前に“空振り”に終わるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る