• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ソフトBにさらなる試練 柳田が右手薬指骨折で全治6週間

 パの首位を走るソフトバンクにメガトン級の爆弾が落っこちたようなものではないか。

 プロ野球史上初めて3割30本30盗塁と首位打者を同時に達成した主砲の柳田悠岐(27)が、昨1日の西武戦で右手薬指を骨折、全治6週間と診断されたのだ。

 三回裏の守備で炭谷の飛球をスライディングキャッチした際、打球が右手薬指に当たった。直後の四回の打席は見逃し三振に倒れ、痛みが引かないことから所沢市内の病院へ。診断の結果は最悪だった。

 ただでさえ、腰痛を抱えている内川は、8月28日のロッテ戦で走者と交錯して首痛に。守護神のサファテは23日の楽天戦で打球を処理しようとして転倒、右足を痛めた。そして昨夜はここ6試合で5本塁打と調子を上げてきた柳田が骨折だ。

 この日は西武に大勝したものの、2位の日本ハムも勝ったため、またしてもマジック点灯はならなかったどころか、とんでもないダメージを受けた格好だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ベトナムに完封負けも…森保U-21代表は優勝候補の韓国回避

もっと見る