ソフトBにさらなる試練 柳田が右手薬指骨折で全治6週間

公開日:  更新日:

 パの首位を走るソフトバンクにメガトン級の爆弾が落っこちたようなものではないか。

 プロ野球史上初めて3割30本30盗塁と首位打者を同時に達成した主砲の柳田悠岐(27)が、昨1日の西武戦で右手薬指を骨折、全治6週間と診断されたのだ。

 三回裏の守備で炭谷の飛球をスライディングキャッチした際、打球が右手薬指に当たった。直後の四回の打席は見逃し三振に倒れ、痛みが引かないことから所沢市内の病院へ。診断の結果は最悪だった。

 ただでさえ、腰痛を抱えている内川は、8月28日のロッテ戦で走者と交錯して首痛に。守護神のサファテは23日の楽天戦で打球を処理しようとして転倒、右足を痛めた。そして昨夜はここ6試合で5本塁打と調子を上げてきた柳田が骨折だ。

 この日は西武に大勝したものの、2位の日本ハムも勝ったため、またしてもマジック点灯はならなかったどころか、とんでもないダメージを受けた格好だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る