• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ソフトBにさらなる試練 柳田が右手薬指骨折で全治6週間

 パの首位を走るソフトバンクにメガトン級の爆弾が落っこちたようなものではないか。

 プロ野球史上初めて3割30本30盗塁と首位打者を同時に達成した主砲の柳田悠岐(27)が、昨1日の西武戦で右手薬指を骨折、全治6週間と診断されたのだ。

 三回裏の守備で炭谷の飛球をスライディングキャッチした際、打球が右手薬指に当たった。直後の四回の打席は見逃し三振に倒れ、痛みが引かないことから所沢市内の病院へ。診断の結果は最悪だった。

 ただでさえ、腰痛を抱えている内川は、8月28日のロッテ戦で走者と交錯して首痛に。守護神のサファテは23日の楽天戦で打球を処理しようとして転倒、右足を痛めた。そして昨夜はここ6試合で5本塁打と調子を上げてきた柳田が骨折だ。

 この日は西武に大勝したものの、2位の日本ハムも勝ったため、またしてもマジック点灯はならなかったどころか、とんでもないダメージを受けた格好だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る