日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

青学大マラソン強化プラン 箱根V3“陰の立役者”が語った

 箱根駅伝3連覇と年度3冠(出雲駅伝、全日本駅伝、箱根駅伝)を初めて同時に達成した青学大陸上部。原晋監督は「駅伝だけで終わるのはツマラナイ。青学軍団から3年後の東京五輪を目指せるランナーを育てたい」と話していたが、すでにそのためのプランは進んでいる。6日に行われた徳間書店主催の祝賀会に出席した青学大3連覇の陰の立役者、フィジカル強化担当の中野ジェームズ修一氏(スポーツモチベーション最高技術責任者)に聞いた。

「箱根2連覇までは①パフォーマンス向上につながる準備運動②体幹を強化して筋肉をつくる補強トレーニング③正しいストレッチで身体をケア――をきちんと続け、さらに3連覇に向けてバランスボールを積極的に取り入れて、骨盤、背骨、肩甲骨などが柔軟に動くようにしました。併せてパワーの『抜き方』を導入しました。長距離の場合はレース中に力を抜き、無駄なエネルギーを使わないで走る=ランニングエコノミーが必要です。これを取得したことも箱根3連覇につながりました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事