箱根V3の青学も狙われる? 駅伝選手に“女性醜聞”の心配

公開日: 更新日:

「これからが一番危ないんですよ」

 こう言って顔を曇らせたのは、ある大学の関係者だ。

 青学大の3連覇で幕を閉じた今年の箱根駅伝。今年も沿道を埋め尽くしたファン以外に、茶の間で観戦したファンも例年並みに多かった(平均視聴率は往路27.2%、復路は28.4%。ビデオリサーチ調べ=関東地区)。

 本番だけではない。年末から大会後も、多くのマスコミに取り上げられる箱根駅伝の選手たち。結果がどうあれ、特に4年生はレースが終わって気が緩む。指導者たちはトラブルが起きないか気が気ではないという。

 昨年4月、青学OBの駅伝選手と交際していた女性とのトラブルが写真誌で報じられた。大会を見に行ったこの女性は、青学に在学中だった選手にファンレターを送って返事をもらい、箱根駅伝が終わるとマンションに泊まる仲になった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る