箱根V3の青学も狙われる? 駅伝選手に“女性醜聞”の心配

公開日: 更新日:

「これからが一番危ないんですよ」

 こう言って顔を曇らせたのは、ある大学の関係者だ。

 青学大の3連覇で幕を閉じた今年の箱根駅伝。今年も沿道を埋め尽くしたファン以外に、茶の間で観戦したファンも例年並みに多かった(平均視聴率は往路27.2%、復路は28.4%。ビデオリサーチ調べ=関東地区)。

 本番だけではない。年末から大会後も、多くのマスコミに取り上げられる箱根駅伝の選手たち。結果がどうあれ、特に4年生はレースが終わって気が緩む。指導者たちはトラブルが起きないか気が気ではないという。

 昨年4月、青学OBの駅伝選手と交際していた女性とのトラブルが写真誌で報じられた。大会を見に行ったこの女性は、青学に在学中だった選手にファンレターを送って返事をもらい、箱根駅伝が終わるとマンションに泊まる仲になった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  4. 4

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  5. 5

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  6. 6

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    渡辺GM語る 浅村・雄星移籍で「チームまとまる」の根拠

もっと見る