大関陥落で現役続行も…琴奨菊“2年以内に引退”確率40%

公開日:  更新日:

 歓喜の初優勝からわずか1年、同じ初場所で待っていたのは余りに厳しい現実だった。

 琴奨菊(32)が関脇玉鷲(32)に押し出しで敗れ、負け越しが決定。大関陥落が決まった。

「これが今の力。負けて終わりじゃない。やめたら終わり。しっかり気持ちを立て直す」

 こう絞り出した琴奨菊は引退を否定、13日目以降も土俵に上がる決意を示したものの、こんなデータもある。

 琴奨菊は、「2場所連続負け越しで大関陥落」という現行制度ができた69年7月場所以来、16人目(19例目)となる関脇への降格。過去の15人を見ると、そのうち6人が陥落から2年以内に引退に追い込まれている。確率は40%。規約では、翌場所で10勝以上すれば大関に復帰できるが、実際に復帰したのは4人(5例)。確率27%で、こちらの可能性の方がはるかに低い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    日ハム残留希望も…レアードを巨人・楽天・ソフトBが狙う

  10. 10

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

もっと見る