横綱白鵬には恩恵 大相撲に小兵力士ブームひさびさ到来

公開日: 更新日:

 相撲ファンの間では「新ちびっこ旋風」と呼ばれているそうだ。

 近年、小兵力士の躍進が目覚ましい。先場所は173センチ、114キロの石浦が新入幕。十両では173センチ、128キロの業師・宇良が活躍しており、今場所からは168センチ、116キロの照強も十両に昇進した。

 幕内の平均体重は161.5キロ、十両でも同154.8キロと力士の大型化が進む中、彼らはスピードで大型力士を翻弄している。

 同じように土俵に小兵旋風が吹き荒れたのが、昭和50年代初期。「ちびっこギャング」の異名を取った関脇・鷲羽山を筆頭に、大関・旭国、関脇・北瀬海と、小柄な力士が三役を務めた。

 ベテラン相撲記者は「小兵時代再来なら、喜ぶのは白鵬でしょう」と、こう話す。

「小兵力士は奇襲に動じない相手を苦手とする傾向がある。白鵬は生半可なことでは動じず、何より反応の速さは角界随一ですからね。かつては横綱の輪島も、相手を冷静に観察することで鷲羽山らをカモにしていた。対鷲羽山戦は18戦全勝、旭国にも30勝4敗です。当時、力士としては晩年に差し掛かっていた輪島が復活したのも、彼ら相手に星を落とさなかったのが大きいといわれている。白鵬は同部屋の石浦と対戦することはないが、幕内には132キロの千代翔馬といった軽量級の成長株もいますからね」

 白鵬の時代はまだまだ続きそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

もっと見る