土俵際でエビ反り逆転 十両全勝“業師”宇良を舞の海氏絶賛

公開日: 更新日:

 角界きっての業師が観客はおろか、親方衆の度肝をも抜いた。

 十両で全勝の宇良(24)の相手は、幕内経験者の豊響。173センチ、128キロの宇良に対し、豊響は185センチ、183キロ。体格差はいかんともしがたく、宇良は土俵際に追い詰められ、徳俵に両足が乗った状態で豊響の両手突きを食らった。これで万事休すと思われたが、ここからが宇良の本領発揮だ。

 背中が半円を描くほどのエビ反りでこらえると、即座にしゃがみ込み、立ち上がる勢いで豊響を押し返した。最後は左足をすくうように、渡し込みで豊響に土をつけた。

 これには現役時代、「技のデパート」として知られた解説の舞の海も、「普通の力士だったら、腰を悪くしますよ」と目を白黒だ。

「レスリングの水車落としのような大技・居反りを引っさげて15年に木瀬部屋に入門。当時は107キロしかなかったが、筋トレやサプリメント摂取などで、現在は128キロと着実に体が大きくなっている。この日も執拗に足を取りにいったように、柔軟性を生かした型にはまらない相撲が魅力。師匠の木瀬親方(元幕内肥後ノ海)は『この相撲で幕内に行ったら人気力士になれる』と話していたが、すでに人気は幕内上位力士以上。勝敗より相撲内容で沸かせられる、数少ない力士です」(相撲記者)

 幕内に上がってくる日が待ち遠しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

もっと見る