日本中が歓迎ムード…だからこそ心配な稀勢の里の心と体

公開日:

「十字架を背負うことになる」――。

 そんな例えも大げさではない。

 初場所で初優勝した大関稀勢の里(30)は、23日に開かれた横綱審議委員会(横審)で満場一致で横綱に推挙され、25日午前、日本相撲協会の臨時理事会で横綱昇進が決定。直後に都内ホテルで行われた昇進伝達式では「横綱の名に恥じぬよう精進いたします」と述べた。

 第66代若乃花以来となる、19年ぶりの日本出身横綱誕生は、スポーツマスコミやテレビのワイドショーが連日大きく報じている。まさに日本列島全体が歓迎ムードだが、「2場所連続優勝」ではなく、「それに準ずる成績」による昇進に異論の声もある。好角家の松野弘氏(東農大客員教授)もその一人だ。

「横審が定める横綱推薦の内規には、『大関で2場所連続優勝した力士を推薦することを原則とする』とある。しかも、優勝した今初場所には2人の横綱と大関1人が欠場していた。だからこそ、原則をきちんとクリアするべきです。63代旭富士から70代日馬富士までは2場所連続優勝で昇進した。71代鶴竜は、これまで在位17場所で優勝2回に休場4回。先日の初場所では10日目終了時点で5敗という横綱としては不名誉な記録もあった。そんな鶴竜ですら、優勝同点・優勝で横綱になっている。なのに稀勢の里は、大関に昇進するときも目安の三役で3場所通算勝ち星が33勝に届かなかった。大関、横綱と、誰もが認める成績での昇格ではないだけに、基準をクリアした横綱とは異なる相当な重圧がかかるはずです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る