優勝はたった3人 新横綱・稀勢の里に昇進直後場所の重圧

公開日:

 動作一つ一つにどよめきが起き、四股を踏めば大歓声。興奮した観衆からは「日本一!」という声援も飛んだ。

 27日に明治神宮で行われた奉納土俵入り。新横綱の稀勢の里(30)が、雲竜型の土俵入りを初披露した。初めてということもあってぎこちなく、せり上がりも早かったものの、新横綱としての大役を果たした。

「感謝の気持ちを込めて、一生懸命やりました。メリハリよく、力強くやろうと思いました」と、安堵のため息をついた稀勢の里にとって、気掛かりなのが次の3月場所だ。実は昇進直後の場所で結果を残せた横綱は一握りというデータがある。

 1場所15日制が定着した1949年以降、誕生した横綱は稀勢の里を除いて31人。そのうち、昇進直後に優勝できたのは大横綱と呼ばれた大鵬と貴乃花(現理事)、そして稀勢の里の師匠である隆の里と、たった3人しかいない。13勝以上を挙げた横綱も、彼らを含めて6人だけ。一方、10勝未満は6人もいるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る