• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

連合稽古より若手育成 稀勢の里に課せられる横綱の“義務”

 昇進してもマイペース調整は変わらず、だ。

 横綱稀勢の里(30)は2日、四股を中心に約1時間の稽古。土俵に上がって稽古するのは、5日に行われる「日本大相撲トーナメント」後だという。

 稀勢の里は以前から出稽古に行かず、二所ノ関一門の連合稽古でも琴奨菊や嘉風ら、決まった相手としか稽古をしなかった。これには一門の重鎮、芝田山親方(元横綱大乃国)も、「若手にどんどん胸を出してほしい」と苦言。横綱は後進を育てるのも義務のひとつだ。果たして稀勢の里は変わるのか。

 ベテラン相撲記者が言う。

「出稽古に関しては、このままでいい。横綱ともなれば、黙っていても相手の方から来てくれますからね。少し前だと千代の富士、最近では朝青龍や白鵬は頻繁に出稽古に行っていたが、あれは歴代横綱の中でも異例。稀勢の里は礼儀を知っているので、ケガなどがない限り、出稽古に来た力士にはきちんと対応しますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  8. 8

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  9. 9

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  10. 10

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

もっと見る