• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

国際試合Vなしハム大谷 WBC回避は今季にも大ダメージ

「申し訳ない」と7回も言い、「目標を見失っている。切り替えるのはなかなか難しい」と現在の心境を吐露した。大谷翔平(22)のWBC回避決定後の発言は異例だった。

 回避の理由は右足首の故障。プレー中のケガであって、遊んで痛めたわけではない。決定がここまでズレ込んだのも、ギリギリまで出場の可能性を探っていたからだ。7回も謝る必要なんてどこにもないし、プラス思考の大谷の口から「目標を失った」なんて言葉が出てきたこと自体、おそらく初めてではないか。つまり大谷にとってWBC回避は、それくらいショックが大きかったということだ。

 大谷がWBCで日本代表のユニホームを着るチャンスは、たぶん最後だった。3年後か4年後になるであろう次回大会が行われるころにはメジャーリーグの門をくぐっているだろうし、だとすれば所属チームが開幕直前のWBC出場を許可するはずがない。田中(ヤンキース)も前田(ドジャース)もダル(レンジャーズ)もWBCを「辞退せざるを得なかった」のが真相だ。そもそも現時点では、WBCが次回以降も継続して行われるかどうかすら定かではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  8. 8

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  9. 9

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  10. 10

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

もっと見る