国際試合Vなしハム大谷 WBC回避は今季にも大ダメージ

公開日:

「申し訳ない」と7回も言い、「目標を見失っている。切り替えるのはなかなか難しい」と現在の心境を吐露した。大谷翔平(22)のWBC回避決定後の発言は異例だった。

 回避の理由は右足首の故障。プレー中のケガであって、遊んで痛めたわけではない。決定がここまでズレ込んだのも、ギリギリまで出場の可能性を探っていたからだ。7回も謝る必要なんてどこにもないし、プラス思考の大谷の口から「目標を失った」なんて言葉が出てきたこと自体、おそらく初めてではないか。つまり大谷にとってWBC回避は、それくらいショックが大きかったということだ。

 大谷がWBCで日本代表のユニホームを着るチャンスは、たぶん最後だった。3年後か4年後になるであろう次回大会が行われるころにはメジャーリーグの門をくぐっているだろうし、だとすれば所属チームが開幕直前のWBC出場を許可するはずがない。田中(ヤンキース)も前田(ドジャース)もダル(レンジャーズ)もWBCを「辞退せざるを得なかった」のが真相だ。そもそも現時点では、WBCが次回以降も継続して行われるかどうかすら定かではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    “坂道”相手に写真集健闘 石田ゆり子は「寄る年波」も武器

  10. 10

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

もっと見る